No.205 白露型駆逐艦 5番艦 春雨

概要

舞鶴工廠で1935年(昭和10年)2月3日に起工。同年9月21日に進水した。1937年(昭和12年)8月26日に就役。

一等駆逐艦白露型の5番艦です。艦名は春に静かに降る雨に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては、春雨型駆逐艦「春雨」に続き2代目に当たります。

戦後、海上自衛隊の護衛艦として「はるさめ(初代)」、「はるさめ(2代)」が就役してます。

太平洋戦争

太平洋戦争緒戦は主に南方方面に従事。比島ビガン島攻略。スラバヤ沖海戦など主に日本郵送船団を護衛し、襲撃する連合国軍を迎撃してます。ミッドウェー海戦に参加後もガダルカナルの戦いに参加し、駆逐艦による輸送作戦に従事します。第3次ソロモン沖海戦を経てパプアニューギニアへ・ウェワクへの陸軍輸送の際、潜水艦ワフーの雷撃を受け被弾したが弾薬庫への誘爆は起きず、沈没は免れトラック島へ曳航された。アメリカ軍がビアク島に上陸を開始した事にともない、春雨の所属する第27駆逐隊は急遽渾作戦に投入され、輸送任務に従事するが、アメリカ陸軍のB-25爆撃機とP-38戦闘機の襲撃を受け、沈没した。

艦これの春雨

 

初期からいた白露型6人姉妹の後から加わった五女。服装は、「白露」から「夕立」までの白露型と共通の、角のある襟に赤いラインの入った濃紺のセーラー服に赤いリボンタイ。サイドテールにまとめたピンクの髪の上に、白い給食帽ベレー帽をちょこんと乗せている。登場時の初期装備は、駆逐艦にはおなじみの連装砲に加え、レア装備として大鯨同様の毘式40mm連装機銃を持参する

しかし、輸送・護衛任務に就くことが多い艦娘なので「給食係」のあだ名で呼ばれることもあり、のちに右手にドラム缶が握らされています。

明るくアクティブなキャラクターが多い姉たちとは一風変わって非常におとなしく礼儀正しい。丁寧な口調でしゃべり、語尾に「はい」を付ける癖があるようです。

 

プラモデル

1/700のシリーズは2隻セットが多く販売されております。艦これとのコラボモデルはないようです。

ピットロードシリーズ
1942年時の角型艦橋を備えた白露型駆逐艦の前期建造艦が制作できます。自発装填装置付きの61cm4連装魚雷発射管や艦中央部の機銃台に装備した40mm単装機銃、第2煙突後部の探照灯台に設置されたループアンテナなど、白露型の特徴を再現。

 

艦これグッズ

 

夜戦仕様

2種類あります。過激バージョンはリンク先でご確認を。

 

艦これゲーム、グラフィック

大破画像乗っけておきます。

 

 

 

 

 

 

基本情報

建造所 舞鶴海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
艦級 白露型駆逐艦
艦歴
計画 マル1計画
起工 1935年2月3日
進水 1935年9月21日
就役 1937年8月26日
除籍 1944年8月10日
最後 1944年6月8日戦没
要目(計画時)
基準排水量 1,685トン
全長 111m
全幅 9.9m
吃水 3.5m
ボイラー ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式オール・ギアードタービン2基2軸 42,000馬力
速力 34ノット
修理後32.5ノット(1943年12月20日)[1]
航続距離 18ノットで4,000海里
乗員 226名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
毘式四十粍機銃 2基
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(魚雷16本)
爆雷投射機2基
爆雷×16

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です