No.283 伊十五型潜水艦(巡潜乙型 7番艦  伊号第二十六潜水艦

概要

1939年(昭和14年)の第四次海軍軍備補充計画(④計画)により、1939年6月7日に呉海軍工廠で起工。1940年(昭和15年)4月10日に進水、1941年(昭和16年)11月6日に竣工。竣工と同時に横須賀鎮守府籍となり、第六艦隊第1潜水戦隊第4潜水隊に編入された。

太平洋戦争初戦、貨物船シンシア・オルソンを沈没させ、日本海軍初の潜水艦による戦果となる

太平洋戦争

二式大艇による第一次K作戦、アリューシャン方面のアッツ、キスカ島占領のAL作戦に参加し、シアトル近海に進出し、米貨物船コースト・トレーダーを魚雷で沈没させる。

南太平洋

ソロモン諸島で南東沖で米機動部隊と死闘を繰り広げ、空母サラトガに魚雷を1本命中させ行動不能にした。その後、ガダルカナル付近で米艦隊に発射した魚雷3本のうち、1本が重巡洋艦に命中し船体が2つに割れ20秒で轟沈。

西太平洋

二式飛行艇によるゴア港強行偵察を支援するため、モルディブ近海に到着。二式大艇はふろーとが損傷し、転覆したため処分。その後、通商破壊作戦にてタンカーや貨物船を雷撃、シンガポールへ帰投する。

最後

正式には記録はありませんが、フィリピン方面にてマニラ沖520浬付近に米空母4隻発見した後、消息を絶つ。
アメリカ側の記録には、26日、米護衛駆逐艦リチャード・M・ローウェルが北緯09度45分東経126度45分の地点でヘッジホッグにより潜水艦を撃沈したとあり、これが伊26の喪失原因として有力視されている。

 

 

艦これの伊-26

姉に伊-19の「イク」の妹の「二ム」。自分のことを「二ム」と呼んでほしいと言っている。白いラインの入ったスク水に、セーラー服の白襟の付いたパーカーを羽織ってますが、ファスナーは胸のせいかそれ以上には上がらないようです。

「ねえねえねえ、提督」、「なになになに?出番?」など同じ言葉を3回繰り返す口癖。無邪気な性格で小動物のように動き回り、落ち着きないように思われるが、秘書艦任務や家事全般もこなす。

 

 

 

 

 

 

プラモデル

ウオーターラインシリーズはなくタカラから塗装済みの半完成品で水に浮かせることができます。

 

 

グッズ

長財布

 

B2タペストリー

  

 

同人誌

  

抱き枕

 

 

 

 

基本情報

艦歴
計画 第四次海軍軍備補充計画(マル4計画)
起工 1939年6月7日
進水 1940年4月10日
就役 1941年11月6日
その後 1944年11月21日亡失認定
除籍 1945年3月10日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[注釈 1]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[注釈 2]
乗員 94名[2]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です